2006年06月10日

ワールドカップ開幕!

ようやく来ました。
この日を待ってました。
全世界待望のワールドカップドイツ大会開幕です。

4年前の日韓大会は日本開催ということもあってかなり盛り上がりましたが、今回も私の中でかなり盛り上がってます。
夜更かしする気満々です。
今回日本代表がどこまでいけるか非常に楽しみなのですが、世界のトッププレーヤーが織り成すドラマに胸膨らませています。

開幕前のセレモニーではとうとう始まるんだなと思い感動しました。
やはり開幕セレモニーを見ると実感湧きますね。

開幕戦はドイツ対コスタリカです。

ドイツは開催ホスト国ということで、国民の応援を背に受けることができるので、かなり有利でしょう。
対するコスタリカは前回大会は惜しくも決勝トーナメントに進むことができませんでしたが、中南米の強豪です。

試合はドイツのMFフリンクスのミドルシュートから始まりました。
その後DFラームの豪快ミドルでドイツが先制しました。
解説の方が、あれは絶対(キーパーは)取れないよといってましたが、ゴール右隅に決めました。

その後コスタリカのFWワンチョペのゴールで振り出しに戻しますが、ドイツは流れるようなパスワークから最後は前回大会旋風を起こしたFWクローゼのゴールで再び引き離します。

前半はドイツが圧倒した形でした。
特にミドルシュートは圧巻でした。

後半クローゼとワンチョペのゴールでまたしてもゴールラッシュです。
最後は前半豪快ミドルをはずしたドイツのフリンクスが、またしても豪快ミドルを今度は確実に決め、4−2でドイツの勝利に終わりました。

この試合でクローゼとワンチョペ両チームのエースの決定力が光りました。
特にワンチョペの決定力は神がかってました。
前を向いてボールに触ればゴールです。

そしてやはりドイツGKレーマンはひやひやさせてくれます。

次の試合のポーランド対エクアドルも見たいですが、うちにはBSがないので見れません。
あ〜〜〜〜みたい〜〜〜〜!!
地上波で全試合やってくれよ〜。

この一ヶ月、体調管理に全力を注ぎたいです。
posted by 代表取り乱し役 at 03:09| ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月21日

世界遺産

世界遺産…

世界遺産といえばエジプトのピラミッドや、イギリスのストーンヘンジ、中国の万里の長城、日本だと最近北海道の知床が世界遺産に名を連ねましたね。

世界遺産の定義は、Wikipediaによると

世界遺産(せかいいさん)とは、1972年のユネスコ総会で採択された「世界の文化遺産及び自然遺産の保護に関する条約」(世界遺産条約)に基づいて、世界遺産リストに登録された遺跡や景観そして自然など、人類が共有すべき普遍的な価値をもつものを指す。

つまり人類にとって、歴史に残すべき素晴らしく価値のある物だということですね。
しかしユネスコが認めなくても、回りから世界遺産と呼ばれるほど価値のあるものを持った人も存在します。

先日今期限りで現役生活を引退すると宣言した、セルビア・モンテネグロのサッカー選手、シニサ・ミハイロビッチの左足は、世界遺産と呼ばれています。

ミハイロビッチはユーゴスラビアのクラブチーム、ヴォイヴォディナ・ノヴィサドでデビューすると鳴り物入りで、自国の名門レッドスターに入団し、トヨタカップ制覇に貢献しました。
1998年のフランスワールドカップでは内戦後の混乱の中、ユーゴスラビア代表としてプレーし、ベスト16入りに貢献しました。
セリエAの名門ラツィオに在籍中にはフリーキックだけでなんとハットトリックを達成したこともあります。

そうです。
彼の左足が世界遺産と呼ばれる所以は、猛スピードで曲がって落ちるフリーキックの上手さにあります。

フリーキックといえばロベルト・カルロスやデビット・ベッカムが有名ですが、ミハイロビッチは自分のほうが彼らより上手いと言い切る自信家でもあります。
しかしそれは彼のプレーを見れば納得です。

去年からインテルに所属していますが、フリーキックだけでチームを何度も勝利に導きました。

しかしその裏では、人種差別行為をするレイシストという面もあります。
パトリック・ヴィエラにした差別発言は有名です。

そんな彼も今期で引退です。
もう世界遺産のフリーキックは見れないんですね。
今期はほとんど試合に出たませんが、残りの試合に出場して、また世界遺産で魅せて貰いたいです。
posted by 代表取り乱し役 at 03:57| ☀| Comment(2) | TrackBack(2) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月13日

gbxdrcvbhjkj9o9op@p;@;] sdcsdjvofdnvdfnvdfbdbgdb gb db gfbfgbgfb dfbfd vbf vfd vbvdfbfdb

bdf
bdfbdfb
dv dbfdbdbdbd
bdbfdbdbdb
bg
nmjg cx bcvb kjn jkdn v cv fbfhdf
mnfgb
bsdbdbdbd
dfbbdbgfbfg
dbdddbfgfbhnfh
sfbdbfbn
bgbdbnbnfhnjmfb
hbhddbdbhnnhnghnjnf
rsryhrgbfhfnfs
tnbgf
nbsg
db
sdb
gfdgbscxz

zhnhnhnhnhnhnhnhnhhnh
ab
b
cb1
2wsbzdvbdfxvbdx

posted by 代表取り乱し役 at 06:25| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イタリアにて

今世界で一番アツイ国はイタリアです。
人々はスポーツに熱中し、熱狂し、感動します。
そこには一流のトップアスリート達によって繰り広げられる、狂乱の世界があります。
世界中から多くの人々が集まり、その世界を大いに盛り上げます。

いつからその歴史が始まったかは分かりません。
人類が誕生し、争いが発生した時からその歴史が始まっていたのかもしれません。
ただ一ついえることは、この戦いに勝利したものには多いなる栄光が与えられます。
その栄光は未来永劫に語り継がれることでしょう。

なぜ私がここまで熱くなるか皆さんお分かりですか?

今日イタリアで行われている一番アツイ戦いの頂点を決める戦いがあるからです。

もう皆さんお分かりですね。

そうです…。

今日は…。

イタリアダービー

インテルの今期の優勝は、前節のフィレンティーナ戦の敗北でほぼ絶望的でしょう。
首位ユベントスとの勝ち点差は実に9点です。
しかし今日勝てば、勝ち点差は6点に縮まります。

まだ夢が見られます。
まだ夢が見れるんです。

今日の勝利が今期のインテルの全てを物語るような気がします。

FORZA!! INTER!!

キックオフまであと2時間半です。
仮眠します。
posted by 代表取り乱し役 at 01:46| ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月09日

オワタ

LOKO.bmp
posted by 代表取り乱し役 at 06:31| ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月19日

勝利

インテル勝ちました。
相手はレッジーナです。
前回のミラノダービーで壮絶な勝ち方をしたので、今日は心配していました。
今までのインテルは大一番の次の試合は良く落としていたからです。
だけど今日は一挙4得点です!
試合は4−0の完勝でした。
首位ユベントスが引き分けたため、勝ち点差が8に縮まりました。
まだまだこれからです。
posted by 代表取り乱し役 at 01:00| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月12日

おおおおおおおおおおおお!!!!!!!

inter.it

興奮して眠れません!
1講目に遅刻しそうなので学校で寝ます。
ハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハ!!!!!!!!!!
posted by 代表取り乱し役 at 06:30| ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日はダービーめでたいな

さてさて。
さてさてさて。
さてさてさてさてさて。

久しぶりのサッカーネタです。
これまで私はサッカーネタを封印してきました。
毎週深夜にイタリアのインテルラジオを聞くのは習慣です。
毎日インテルの情報は欠かしてません。
しかしネタにすることはありませんでした。

しかし…。

奥さん今日はダービーですよ!!

イタリアサッカーセリエA伝統のミラノダービー
インテル対ミランが今日の早朝に行われます。

インテルホームではもう6年も勝ってません。

6年もですよ!!

今日勝てばまだリーグ優勝に期待が持てるかもしれません。

Forza!! Inter!!
posted by 代表取り乱し役 at 02:13| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月08日

日本対ホンジュラス

ドイツに向けて最後のスタートを切りました。
サッカー日本代表の最初の相手は中央アメリカのホンジュラス共和国です。

なかなか聞きなれない名前だと思うので少々説明を。
ホンジュラスは中央アメリカにあります。
国土の東はカリブ海に面し、北にはメキシコがあります。
ホンジュラスという国の名前の由来は、コロンブスがこの地に上陸しようとして碇を下ろしたところ、海がとても深く、海底まで届かなかったため、この地を「hondura」と名づけたことから来ています。
「hondura」はスペイン語で深さ、深みを意味しています。
ホンジュラスは現在FIFAランキング39位で、サッカーが非常に盛んです。
その盛り上がりぶりを示すエピソードがあります。
1970年のメキシコW杯の予選準決勝でエルサルバドルと対戦したときの事です。
初戦はホンジュラスホームでホンジュラスが勝利、二戦目はエルサルバドルホームでエルサルバドルの勝利で決着は三戦目へ。
試合は中立国のメキシコで行われたのですが、試合中から死者が出るほどサポーターが白熱し、そのまま両国の国境で発砲が始まって、翌日にはエルサルバドルがホンジュラスに侵攻を始めて戦争になってしまった事があるそうです。
良くサッカーは「代理戦争」と呼ばれますが、サッカーで戦争を起こしてしまった悪い例ですね。
それだけ熱い国です。

試合は泥仕合の末、5−4で日本が勝利したのですが、試合結果はあまり褒められたものではありませんでした。
日本の左サイドは何回も崩されましたし、ミスも多かったです。
特に中田英寿の前半ロスタイムでのパスミスからの失点はびっくりしました。
これからドイツW杯に向けて、日本のレベルアップが要求されますが、今のままでは危なくて見てられません。
どこまで海外組を頼るのか。
国内組はどうなのか。
ジーコ監督の動きが気になります。
posted by 代表取り乱し役 at 02:23| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月29日

セリエA開幕戦! vs トレビソ

イタリアサッカーセリエAの新シーズンが開幕しました。
昨シーズンはユベントスが優勝しましたが、今期のインテルは優勝できるでしょうか。
開幕戦はセリエBから昇格したクラブのトレビソです。

トレビソはなんと1993年に設立されたばかりの新興クラブです。私よりも若い!
インテルの設立が1908年ですから85年もの歴史の差があります。
そんな新興クラブですが、侮れません。

インテルは新戦力のフィーゴとジュリオ・セーザルを先発投入しましたが、他はほぼベストメンバーでの戦いです。
試合は前半アドリアーノのゴールで1−0と折り返し、後半もアドリアーノの連続ゴールで3−0と快勝しました。
イタリアの人は一試合3ゴールすることをトリプレッタと言います。すなわちハットトリックですね。
それではアドリアーノのトリプレッタです。

豪快な一点目
技あり二点目
最後の三点目

さすが皇帝と呼ばれる男です。
この勢いで優勝を掻っ攫って欲しいです。
今年こそは期待できそうです。
優勝したらみんなで騒ぎたいです。
FORZA!! INTER!!
posted by 代表取り乱し役 at 00:48| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月22日

優勝!

スーペルコッパ・イタリアーナでインテルがユベントスを下し2回目の優勝を勝ち取りました。

試合は両者無得点の激闘の末延長戦へ。
延長前半開始直後にインテルのMFベロンのゴールで先制し、そのまま守りきりました。
今期最初のタイトルはかなりうれしいです。
このままリーグも取ってくれれば幸いです。

もしインテルがリーグ優勝したら私のおごりで派手に飲み会でもやりましょうか。
たくさん肉を食べて戻すという血で血を洗う飲み会ですね。
ついてきたい方はインテルが優勝したら言って下さい。

私は本気です。本気になります。欲しがりません勝(ry
posted by 代表取り乱し役 at 01:28| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月20日

イタリアスーパーカップ

あの方が取り上げたので暇つぶしに書きます。
ちなみに私はキャプテン翼は好きです。
何のことか分からない方はググって下さい。絶対分かりません。

さてさてイタリアスーパーカップ(スーペルコッパ)が20日深夜行われます。
スーパーカップとは何でしょう?アレじゃないですよ。
イタリアサッカーセリエAの前年度覇者と、イタリアカップの前年度覇者がぶつかる夢の戦いです。
この二チームが中立国での一回勝負で雌雄を決するということです。

スーパーカップの歴史はまだ新しく、今年で18回目です。
去年はリーグ戦覇者のACミランが、カップ戦覇者のラツィオを破って優勝しました。
インテルはというと、1989年の第二回大会で優勝して以来の優勝を狙います。
今年は日本でやるとかいった話もありましたが、どうやら違うようです。
今年はどこでやるんですかね?

とにかく対戦相手のユベントスはイタリアが世界に誇る名門クラブです。
バロンドール(フランスフットボール誌が選ぶ最優秀選手)に3度選ばれたミッシェル・プラティニをはじめ、史上最年長でW杯を優勝したディノ・ゾフ、最高のリベロのガエターノ・シレア、デンマークの天才ミカエル・ラウドルップ、ファンタジスタロベルト・バッジョなど、そうそうたるOBを排出しています。
セリエA28回優勝、UEFAチャンピオンズリーグ2回優勝、UEFAカップ3回優勝、コッパイタリア9回優勝、そしてイタリアスーパーカップ4回優勝。
超強豪、超名門クラブです。

対する我等がインテルは今期的確な補強をし、今期こそ念願のリーグ優勝を狙います。
そのためにも、まずは宿敵ユベントスを叩きたいです。
なんせこの2つのクラブの戦いを、イタリアダービーと呼ぶくらいですからね。
名実ともにイタリアの覇者となるには、ユベントスを倒さなければなりません。

2005イタリアスーパーカップの栄冠に輝くのはどちらのチームか!!
FORZA!! INTER!!
posted by 代表取り乱し役 at 01:32| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月02日

サム得る

ついに獲りました。
サムエルです。
ワルテル・アドリアン・サムエルです。
南米の壁と呼ばれた男です。
やっと公式発表しました。
今年のインテルの補強の目玉です。

サムエルはアルゼンチンのニュエルス・オールドボーイズでキャリアをスタートし、着実に名声を高め、セリエAのローマに移籍。
ローマにスクデット(リーグ優勝のときにもらえる盾)をもたらすと、ローマの王子様フランチェスコ・トッティに負けず劣らずの賞賛を浴びました。確か中田英寿もこのときいましたね。
去年はスペインのレアル・マドリードに移籍しましたが、このたびインテルが獲得しました。
セリエAの屈強なディフェンス陣の中でも最高レベルの評価を得ている選手です。
インテルのイヴァン・コルドバと素晴らしいディフェンスラインを築いてくれる事でしょう。

今年のインテルの補強は的確です。
去年穴といわれたのは左サイドとディフェンスライン。
ゴールキーパのトルドとセンターハーフのベロンの後釜も必要です。
今年のインテルはその点を踏まえています。

まずレンタル移籍中のアルゼンチン代表ベロンを正式にチェルシーから獲得。
左サイドバックのセネガル代表ウォメをブレシアから獲得。
左ウィングのアルゼンチン代表ソラーリをレアル・マドリードから獲得。
ゴールキーパーブラジル代表ジュリオ・セーザルをキエーボから獲得。
センターハーフのチリ代表ピサーロをウディネーゼから獲得。
そしてセンターバックのアルゼンチン代表サムエルをレアル・マドリードから獲得。

みんな素晴らしい選手達です。
まさに適材適所といったところです。
問題点があるとしたら、獲得選手がチームになじむかという事と、イタリアのクラブなのにほとんどが外国人(しかも南米)の選手だらけといったことでしょうか。

前者はしょうがないとして、後者は問題じゃないでしょうか。
スタメンクラスのイタリア人が、ザネッティとトルドとマテラッツィとファバッリ位しかいません。
しかも確実にスタメンが保障されそうなのはトルドとファバッリ位でしょうか。
さすが国際的なインテルだけありますね。

今はまだ開幕前ですが、イングランド遠征での親善試合で4戦4勝と波に乗っているインテル。
今年こそはスクデットを勝ち取って欲しいです。
FORZA!! INTER!!
posted by 代表取り乱し役 at 03:21| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月13日

無念な動画

無念です。
でもなぜか笑いが止まりません。
何気に日本のあの方がいるのがさらに無念です。
あの方は海の向こうでも人気者ですね。

無念な動画
posted by 代表取り乱し役 at 14:11| 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月05日

裏切り?

インテルの王様クリスチャン・ビエリがACミランに移籍しました。
なぜ?ありえません。

ビエリは数日前にインテルとの契約を解除しました。
理由はW杯に出るためです。
イタリア代表に選出されうためには、スタメンで活躍した選手というのが条件らしいです。
アドリアーノ、マルティンスという2人の超期待の若手がいるために、スタメン確約が厳しくなったからの契約解除だったらしいです。
その後はセリエの中堅チームや他リーグのクラブでスタメンが狙えるところと契約する予定でした。

私はそのことに関する記事を書き、ブログを更新しようとしたのですが、メンテナンスではじかれ書くことができませんでした。
それはやはりインテルにとって重大ニュースだからです。
インテルの王様である選手が移籍するのですから…。

しかし今日ビエリはインテルのライバルチームであるACミランと合意しました。

昔、バルセロナにずっと居続けると宣言したポルトガル代表ルイス・フィーゴは、バルセロナのライバルチームであるレアル・マドリードに移籍しました。
そのフィーゴは移籍後、古巣バルセロナとのダービーで会場が割れんばかりの大ブーイングを受け、バルセロナサポーターにみかんやごみを投げつけられるという事態を経験しています。
フィーゴとバルセロナとの関係は一触即発です。
それと同じことが、イタリアのミラノ市で起こったのです。

インテルのサポーターは、ビエリが不調ならビエリが経営している店を燃やし、インテルが不調なら発炎筒をピッチに投げ込み…とかなり気性が荒いです。
今回のビエリの移籍騒動は、ただ移籍しただけでは終わりそうにないです。

私も今日とてもがっかりしました。
テンション最悪です。
posted by 代表取り乱し役 at 23:56| ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月23日

コンフェデレーションズカップ−ブラジル戦

やってきました。今日は奇跡の再現が起こる日です。
ブラジル…世界最強です。
今回のコンフェデレーションズカップに向けて、パレイラ監督はほぼベストメンバーを組みました。
その様相はまさに世界選抜!
日本は親善試合ではない、本物のブラジルに挑みます。

A代表の日本対ブラジルの通算成績は、日本の1分5敗となっています。
勝ってません。
そうです、日本サッカーの歴史の中で、ブラジルに勝ったという事実はないのです。
しかし、年齢制限のあるアトランタオリンピックの一次予選において、日本はブラジルに勝ったことがあります。
この勝利は俗に言う「マイアミの奇跡」です。

マイアミの奇跡
当時のブラジル代表には、あのロナウドやリバウドなどがいました。
それでなくても世界最強の名を欲しいままにしていました。
もちろんアトランタオリンピックの優勝候補です。
対する当時の日本代表には、前園をはじめ、中田、城、服部、田中、川口などがいました。
試合は圧倒的にブラジルに攻め込まれるのですが、守護神川口が超スーパーセーブを連発し、ブラジルのシュートを全てはじき返しました。
記録によれば、ブラジルのシュートは28本です。

今回の日本代表には当時のメンバーである中田、田中、川口も参加しています。
川口は、当時の試合を振り返って、「人生最高の試合」といっています。
今日の試合が「人生最高」になれば、素晴らしいことですね。

今日気持ちよく寝れるように、ぜひ奇跡の再現を果たして欲しいです。
ガンバレ! ニッポン!
posted by 代表取り乱し役 at 03:41| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月20日

勝ち点3

ギリシャに勝った〜〜〜!!
欧州王者相手に優位に試合を進めていました。
大黒様は健在ですね。出れば結果を出します。
柳沢がとてもいいです。
中盤でポストをし、最後シュートに絡むという良い仕事をしていました。
後は点を決めるだけなんですが…。
前半決定的なチャンスを何本もはずしてました。
日本のFWは決定力不足ですね。
しかし、最近の日本はFWのゴールが増えてきました。
これは良い傾向だと思います。
次のグループリーグ最終戦はサッカー王国ブラジルです。
初戦でギリシャを3−0で下している、強豪です。
何とか勝って欲しいです。
posted by 代表取り乱し役 at 02:55| ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コンフェデレーションズカップ−ギリシャ戦

今日はコンフェデレーションズカップのグループリーグ2戦目のギリシャ戦です。
ギリシャといえばユーロ2004の王者です。欧州王者です。
歴史的に見て、ギリシャは強豪かというと、必ずしもそうではありませんが、欧州を制覇した実力は日本にとって脅威になるでしょう。
インテルのギリシャ代表MFカラグーニスは好きな選手なので活躍を期待しますが、今日は別です。
是非とも日本が勝って欲しいです。
ガンバレ!! ニッポン!!
posted by 代表取り乱し役 at 00:55| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月17日

敗戦…

メキシコ強かったです。
前半もしやとも思いましたが結局負けてしまいました。
メキシコの怒涛のパス回しは日本のそれを上回ってました。
個人技のない日本の目指すサッカーはまさにこれだと思います。
やはり組織の力は凄いです。

しかしメキシコMFジーニャのドライブシュートは圧巻でした。
振り抜かれたボールは、ゴールキーパー川口の頭上を越え、そこから急降下しました。
メキシコの追加点のフォンセカのヘッドも世界の高さを物語っていました。

次の試合は欧州王者ギリシャです。
何とか勝って、望みをつなげたいです。
posted by 代表取り乱し役 at 03:06| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FIFAコンフェデレーションズカップ!

今日メキシコ戦ですね。
サッカーです。FIFAの公式戦です。
サッカーの世界大会といえばご存知FIFAワールドカップがありますが、今大会はそれに次ぐ権威がある大会です。
日本は3大会連続出場中です。

まずコンフェデレーションズカップとはどんな大会なのでしょうか。
コンフェデレーション(Confederation)を辞書で引きました。

con・fed・er・a・tion 〔名〕
--------------------------------------------------------------------------------
1 〔U〕連合[同盟]すること;同盟状態.

2 (…の)連合,連盟,同盟《of》, between...;連邦,連盟国.

3 《the C-》アメリカ国家連合:合衆国独立当初の13州の連合体.

4 C-》カナダ連邦.


コンフェデレーションズカップとは日本語で連邦杯とでもいうのでしょうか。
つまり、アジア、ヨーロッパ、北中米・カリブ、南米、アフリカ、オセアニアの各大陸王者が二年に一度集まって雌雄を決する大会なのです。
今回の出場チームはというと

Group A
ドイツ(ホスト国)
オーストラリア(オセアニア王者)
アルゼンチン(南米王者)
チュニジア(アフリカ王者)

Group B
日本(アジア王者)
ブラジル(2002FIFAワールドカップ王者)
ギリシャ(ヨーロッパ王者)
メキシコ(北中米・カリブ王者)


どこも強豪ばかりです。
日本の過去成績はというと、前々回大会準優勝(!!)、前回大会予選敗退です。
今回は前回の雪辱を晴らし、何とか決勝トーナメントに進出してもらいたいです。
しかし今回死闘が続きます。

今日の試合は北中米・カリブ王者メキシコ。
ワールドカップに出場しても、毎回ベスト16はキープするという超強豪国です。
海外でプレーする有名選手は少ないのですが、その分国内リーグのレベルは高く、個人レベル、組織力ともに高い水準を誇っています。
日本がもっとも真似すべきチームなのかもしれません。

コンフェデレーションズカップはいろいろな物議をかもしだしますね。
一番叫ばれているのは大会の過密日程による強行スケジュールです。
前回大会は中一日で試合をしていました。
選手には疲労が蓄積されていきます。
その中で起こった一人の選手の死。
マルク・ビビアン・フォエ選手はカメルーン代表のミッドフィルダーで、所属クラブのマンチェスター・シティーでも中心選手として活躍していました。
しかし、2003年のコンフェデレーションズカップ準決勝のコロンビア戦で突然ピッチに倒れこみ、帰らぬ人となりました。
今大会はそれを受け中二日で試合がありますが、それでも過密日程です。
もう二度とこのようなことが起こらないように、日程を調節して欲しいです。

さあもうすぐキックオフです。
何はともあれ初戦を勝利で終えたいところです。
ブラジルとギリシャが待ってますから…。
実力的には4番手という感はぬぐえない日本代表。
この試合に勝てば決勝トーナメント進出の可能性も出てきます。
まあ日本はこの大会とは相性良いですから、もしかすると勝てるかもしれません。
今日は日本を大応援です。
頑張れ!ニッポン!
posted by 代表取り乱し役 at 00:51| ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。